ウェブマスターツール:導入編

名称未設定-2

サイト運営者の必須アイテム!ウェブマスターツール

ウェブマスターツールはサイトを運営して行く上で、非常に便利なツールとなっています。ウェブマスターツールを使う事によって、コンテンツを増やした時のインデックス速度を早めたり、サイトの改善すべき点を教えてくれたり、便利な所が多すぎて紹介出来ないぐらい非常に役立つツールです。


当ブログ管理者もウェブマスターツールを使用しているのですが、便利な点もあれば、謎に満ちた部分もあると感じました・・・。
今回は導入編という事ですが、今後ウェブマスターツールを利用していく上で、私が感じた「謎に満ちた点」を検証したり、紹介していったりと、サイトタイトル通り地味~ですが、ご紹介していきたいと思います!!

では、ウェブマスターツールの導入方法をざっくりと紹介します。

1.ウェブマスターツールにログイン

ログインするには、Googleのアカウントが必要です。アカウントを持っていない方は、無料で作成出来るので作成しましょう。
ウェブマスターツールのログインページはこちらになります。

2.サイトを追加しよう

ログインすると下記の画面が表示されます。
ご自身が運営しているサイトのURLを記入して「サイトを追加」ボタンを押しましょう。
3

3.所有権の確認をしましょう

「サイトを追加」ボタンを押すと下記の画面が表示されます。
これは、追加するサイトが本当にご自身が管理しているサイトなのかをGoogleが確認する為の作業です。
「このHTML確認ファイル」という所をクリックすると確認用のHTMLファイルのダウンロードが開始されます。
webmas4

パソコンにこの様な確認用のHTMLファイルがダウンロードされています。※パソコンの環境によってアイコンは異なります。
5

このダウンロードされた確認用のhtmlファイルをFTPソフトを使用して、サーバーにアップロードしましょう。
アップロード先は追加しようとしているURLのトップページに指定しましょう。index.php index.htmlファイル等が設置されている場所です。
6

※正しくアップロードが出来たのかを確認したい場合はこちらをクリックしましょう。

webmas5

↓正しくアップデート出来ている場合はこの様な画面が表示されます↓
webmas6

※表示されない場合は、確認用HTMLファイルのアップロード先や指定している、アップロードする際のURL指定が違っている可能性がありますので、再度確認してみましょう。

4.最後の仕上げ

上記すべての作業・確認が終了したら、「確認」をクリックしましょう。
webmas7

確認ボタンを押した後、「所有権の承認が完了しました」と表示されれば、無事ウェブマスターツールの導入が完了です!

ウェブマスターツールは、無事導入出来ましたでしょうか?
ウェブマスターツールの導入後は、Googleからのアドバイスや警告等あると思いますので、1日の作業前や作業後にウェブマスターツールを確認してみましょう。
今後はウェブマスターツールの便利機能の利用方法や、例の「謎に満ちた部分」の検証・紹介、SEOの検証等を行っていきたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ